遠藤克俊税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
浦和税理士会所属

お気軽にお問合せください。
遠藤克俊税理士事務所
TEL:048-814-3090

節税対策のポイント

効果的な節税対策
生命保険を活用した節税について
診療圏分析の重要性について

効果的な節税対策

節税は経営に必要不可欠

あらゆる税制を活用して節税を図ることは、経営者にとって大変重要です。節税をするか・しないかは会社で決めることです。しかし節税対策を行っていれば、その分取引先や従業員に還元できる部分も多くなります。余分な税金を支払うことで、還元できる資金が減っているとしたら、それは企業にとって大きな損失です。賢く節税することは、経営にプラスの効果をもたらすでしょう。

悪い節税とは

節税と一口にいっても、その方法は様々です。しかし、悪い節税だけは避けていただきたいと思います。
悪い節税とは、結果的に会社にお金が残らないもの、無駄遣いにつながるものです。
節税を行うためには、何かしらのアクションを起こす必要があります。しかし、税金対策にばかり気を取られてしまうと、気がつかない間に多くの対策費用を費やしてしまっている場合があります。税金の金額が減ってもそれ以上の資金がかかっては意味がありません。対策費用には注意しましょう。
また、今期は節税できたとしても、来期はその分が課税されてしまうものは、効果的な節税対策にはならないかもしれません。可能な限り、永久的に節税できることが望ましいでしょう。

効果的な節税のポイント

効果的な節税についてまとめてみます。

資金が不要である

永久的に節税できる

来期の見通しが分からず、とりあえず今期の節税対策を実行したいというケースもあると思います。その場合には、永久的な節税ではないにしても、高い節税効果があることが大切です。

脱税には注意

節税において注意したいのは、脱税にならないようにすることです。脱税とみなされると、その企業には重いペナルティが課せられます。税理士は税法を正しく理解し、その範囲内で納税額を最小にする方法をご提案いたします。

埼玉県さいたま市に所在する遠藤克俊税理士事務所では、会計事務所としての業務品質「日本一」を目指し、経営者様と同じ目線で、効果的な節税対策をご提案します。さいたま市全域はもちろん、東京都にも対応いたします。効果的節税をお考えなら、是非一度ご相談ください。

生命保険を活用した節税について

会社経営者であれば、誰でも節税について頭を悩ませるものだと思います。節税の方法はいくつもございますが、ここでは、生命保険を活用した節税についてご紹介いたします。

なぜ生命保険なのか

生命保険を活用した節税と聞いて、真っ先に思い浮かんだ疑問がこれではないでしょうか。節税において、資金を手元に残すことは基本中の基本です。生命保険は計画性・流動性に優れており、損金になりつつもお金が溜まる唯一の金融商品です。そのため、生命保険を活用した節税は多くの経営者から注目されています。

生命保険の特性について

生命保険は計画性及び流動性に優れていると先述しましたが、イマイチよく分からないという方もいらっしゃると思います。まずは、生命保険の損金性についてご説明いたします。法人が利益を算出する際は、益金から損金を差し引いて所得を求めますが、当然保険は損金に該当します。しかし、ただ単に損金となるわけではなく、支払った保険料は保険契約の解約金として積み立てられます。この積立金は保険を解約した際には益金として手元に帰ってきます。つまり、税金を課せられることなく資金を積み立てることができるというわけなのです。

保険の契約を結ぶと契約したその日からお金の動きが決まります。1年後には何百万円、5年後には何百万円、といったように全ての数字が決定されるので、数字の動きを予め把握することができるのです。数字の動き方が把握できれば、経営の計画性も高まります。また、解約時には解約金として資金を受け取ることができるので、流動性にも優れているということなのです。

東京都埼玉県節税に関するご相談なら

節税にお悩みの経営者様がいらっしゃいましたら、是非税のプロである税理士にご相談ください。遠藤克俊税理士事務所は会計事務所としての業務品質「日本一」を目指し、経営者様と同じ目線で効果的な節税対策をご提案いたします。

診療圏分析の重要性について

医院を開業するにあたって、診療圏分析は大変重要なものです。

医療現場の煩雑化への対応

日本は少子高齢化社会だとされており、これらが進行するに伴って医療・介護業界は煩雑化を強いられています。そのため、医療・介護分野でのエリア分析はマーケティング活動として必須になっています。医院を経営するにあたってはあらゆる事態に対応する柔軟性が求められますが、予めエリア分析で情報を集めておくことで、より柔軟に対応できるようになります。

競合の存在

一般企業を開業するにしても、医院を開業するにしても競合との戦いは避けられません。競合が密集する地域に開業してしまうと、それまで定着していた競合との戦いを余儀なくされます。競合の存在は医院としての成長につながるものですが、強敵が密集している地域だと瞬く間に淘汰される可能性も0ではありません。そのため、競合の存在は常に気をかける必要がございます。

人口や患者数について

なるべく人口密集地帯に開業したいところですが、必ずしもそれが適切だとはいえません。人口密集地帯になればなるほど必然的に競合となる医院も多くなりますし、人口が多いからといって患者様が増えるとは限らないからです。また、人口を判断材料とする場合は、現在の人口だけではなく将来推計値も加味しなければなりません。目先の数値ばかりにとらわれると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。

診療圏分析を行うことによってあらゆる情報を集めることができます。開業時に円滑なスタートを切るためにも、診療圏分析は必須といえるのではないでしょうか。

埼玉県で医院開業をお考えなら

埼玉県さいたま市にある遠藤克俊税理士事務所では、医院の新規開業支援や経営改善支援を行っております。無料にて簡易診療圏分析も行っておりますので、医院開業を検討している経営者様はお気軽にご相談ください。